こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

【自然とやっていたミニマムなこと】化粧をしていません



スポンサーリンク



 

ミニマリストを目指すと決めてから意識して少しずつ実践をしていますが、最近、「そういえば以前からこれはミニマムにしていることだなぁ」と気づくことがいくつかあります。

そのひとつが、化粧をしていないことです。

お化粧 イラスト

以前は(薄めですが)化粧をしていました


化粧をしなくなったのは2年ほど前なのですが、それまでは多くの女性と同じように毎朝化粧をしていました。

・・・といっても、下地なしでファンデーションを塗り、眉毛を描き、アイシャドウをパパパっと塗るだけで終わりでしたけど。

 

スポンサーリンク

分岐点は2年前の秋。それは突然訪れた


今思い返しても直接の原因はわかりません。
ただ、本当に突然に、顔じゅうに湿疹のようなものがぶわ~っとできたのです。
かなり焦りました。

近所の皮膚科に行き、塗り薬と飲み薬を処方してもらいました。
そのときに先生に言われたのが、「しばらくはお化粧しないでね。日焼け止めも。塗っていいのは薬だけ」という言葉。

ひ・・・人にすっぴんをさらけ出せと??

と一瞬思ったのですが、自分の顔がこうなってしまった以上しょうがないと思い、年が明けるまですっぴんで過ごしていました。

しばらく病院通いが続く


最初のうちは月に1~2回のペースで、昨年の春ごろからは2ヶ月に1回のペースで皮膚科に通いました。

薬の強さもだんだん弱くなり、毎日塗っていたのもかゆみが治まらないときだけになり、紫外線が強くなってからは日焼け止めの成分が入っている下地を塗れるようになり…と、ゆっくりと回復に向かっていきました。

化粧をすることが少し怖い


直接の原因がわからないままですが、原因の疑いとされていることは

・ストレス
・ファンデーションが合わなかった
・埃や塵にアレルギー反応を起こした
・その他何かアレルギー反応を起こした

の4つです。

ファンデーションが合わなかったことが気になって、ファンデーションを買う勇気がありません。
それは今も同じです。

ファンデーションに限らず化粧品はそれなりの値段がしますし、 もともと肌が弱い上に今回のことがあった私には「合わなかったら捨てればいいや」という冒険はとても出来ないのです。

それに付随して他の化粧品も買わなくなりました。
今使っているのはUVカットがある下地クリームのみです。
こんなに暑い毎日でも、その下地クリーム以外は塗りません。
もちろん、この下地クリームも最初は使うのが怖かったのですが、塗っても特に肌に影響がなかったので、1年ほど使い続けています。

結果的にミニマム


決していい理由ではないですが、化粧品を買っていないことは事実。
必要な下地クリームだけ購入して使い続けている。
これってミニマムな暮らしのひとつに入るんじゃないのかしら?と思いました!
無意識にやっていたではないか私っ!

嬉しい気づきでした。

とても素敵な化粧をしている女性を見て「いいなぁ・・・」と思うことはありますが、私にとっては化粧は必要ではないので、このまま無化粧で過ごしていきます。