読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

こんつまを表す3冊の本

スポンサーリンク

 

エリサさんの、3冊の本で自分を表すなら?という質問記事があります。

erisaslife.net

おもしろそうだけど、私はあまり本を読まないから3冊も思い当たらないなぁ・・・と思っていたところ、らいさんがマンガで3冊挙げている記事を読みました。 

rai-mishima.hatenablog.com

 

おっ。小説以外でもいいのなら3冊選べるっ。

ということで、私もやってみたいと思います。

 

ホタルノヒカリ

 

ホタル ノ ヒカリ 全15巻 完結コミックセット (講談社コミックスKiss )

ホタル ノ ヒカリ 全15巻 完結コミックセット (講談社コミックスKiss )

 

ドラマでハマり原作を後から読んだ私ですが、綾瀬はるかちゃんの蛍よりも原作の蛍のほうが私に似ているなぁ、と思っています。

年齢設定が関係しているような気がしてならないですが(笑)

ミニマリストを目指すようになってから干物度はそれなりに下がったと感じていますが、まだまだ干物女だと名乗れるだけの自信はあります(自慢するところではない)。

 

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日

  

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日

 

冷えとりを始めてからもうすぐ3年になります。

まさか3年続けられるとは思ってもいませんでした。

著者の青木さんのように私も手を抜くところは抜いています。

 

スラムダンク

 

中学・高校とバスケ部でした。

名言がいくつもありますが、いちばん有名な「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」 は、つらい状況に置かれていたときに何度も心の中で唱えて踏ん張っていました。

 

自分自身で感じること

 

3冊をまとめると、私は学生時代バスケ部だった、冷えとりに励むずぼらな干物女ということになるのでしょうか・・・

これだけだとあまりいいイメージではないですね(^^ゞ

 

ただ、20代までは完璧主義者で周りは敵だらけだった私が、手を抜けるところは抜くということをできるようになったきっかけが冷えとりを始めたことなので今の私から冷えとりは外せないし、つらいと感じたときはスラムダンクの名言に何度も助けられているし、ずぼらな干物女でも日々片付けや掃除を楽しめるようになってきているので、この3冊はやはり私を表している3冊だと思います♪

 

こんつまってこんな人

 

今さらですが、自己紹介 - ミニマリストはじめてみました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

ランキングに参加しています♪