読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大量のBDを処分して改めて気づく、「保存する番組」の基準



スポンサーリンク



 

3年半ほど前、当時持っていたHDDを手放すことになりました。

そのとき、 たくさんの番組を録画していてどれも消したくなかった私は、録画していた番組をBDにダビングして残しておくことにしました。

ドラマだけでなく、バラエティやスポーツ番組もありました。

 

・・・3年半経った今。

その存在すら忘れかけていたBDたち。

そうです。

ひとつとして観たものがないのです。

 

存在を思い出させてくれたのがお春さんのこちらの記事でした。

hchocolatier.hateblo.jp

観ていないのに持っていてもしょうがないし邪魔なので、すべて処分することにします!

処分するBD・DVDの数


いらないDVD

・・・ざっと20枚ぐらいでしょうか?
積み上げた高さは10cmほどです。
1枚で連続ドラマは4話ほど入っていたので、全てがドラマだとすると7作品ぐらい?

一気に観ると疲れてしまうレベルですね。

 

 

スポンサーリンク

捨てるときは夫が以前行っていた方法を真似してみる


以前、夫がもう使わないCD-Rを処分するときに、「念のため」と言ってCDの裏面(光っている側)にカッターナイフで線を入れて傷つけていました。
こうすれば、誰にも聞かれることはない・・・みたいなことを言っていたと思います。

私も、念のためではありますが、1枚1枚カッターナイフで線を入れていきました。
20数枚、すべて入れました。
そして、明日のごみの日に出して、さよならします。

「また観たいと思うとき」なんて来ない


当時は「また観たいと思うときが来るかもしれないからダビングしておこう」と思ってHDDからBDにダビングしましたが、このような場合では「また観たいと思うとき」なんて来ないということを、今の私は知っています。

いわゆる安全策を取ったような場合だと、「いつか」がやってくることはないのです。

ドラマのある場面で感動したら、何度も何度も同じ場面を観ませんか?
結論がわかっていても、つい観てしまいませんか?

マイブームが過ぎて手放すことにしましたが、私は大好きだった「ホタルノヒカリ2」は何度観たかはっきり覚えていないくらい、たくさん観ました!
結末がわかっていても、同じ場面で笑ったり泣いたりしました!

ホタルノヒカリ2 DVD-BOX

ホタルノヒカリ2 DVD-BOX

 

「また観たい」と心から思う作品は、繰り返し観てしまうものです。

そういう作品を、ダビングして残したり、HDDの中に永久保存すればいい、と私は思います。