読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

骨格もパーソナルカラーも判明しているのに、春夏に着る服がなかなか決まらない理由。



スポンサーリンク



 

 

骨格診断パーソナルカラー診断の結果をもとに、春夏の時期に着る洋服を決めたい。

ファッションモデル イラスト

 

・・・と、3月あたりからずっと言い続けています。

しかし、購入したのはカーディガン1着のみ。

春夏に着る服は完全に決まらないまま、6月に突入してしまいました。

どうして決まらないのか、1度これまでの経緯を確認してみることにします。

 

お店で購入するまでの流れ

 

以前、服を選ぶ際の基準を決めました。

この基準を念頭に置いてお店に足を運び、少しでも気になったら手に取りました。

まず見るのは、値札です。

値札 イラスト

 

しかし、見るのは値段ではなくその服の素材

化繊だと着ていて痒くなるので、天然繊維かどうかを確認します。

その時点で化繊だと購入対象から外れます。

天然繊維ならばデザインや丈などを改めてチェックし、そこからさらに気になれば、試着をします。

試着して「これだ!」と感じたら購入です。

・・・と、たくさんのお店に足を運んだ結果この流れが確立されました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

流れは確立されたけれど・・・

 

お店で服を購入するまでの流れが確立されたのはいいのですが、カーディガン以外は購入どころか試着に至るものすら1着もありませんでした。

約2ヶ月間、ずっとです。

素敵な洋服はたくさんあるけれど、私が「これだ!」と思える洋服ではない。

 

それなりに足を運んでいるのに洋服と出会えないのは何故だろう・・・?

答えは、割とシンプルなものでした。

 

「理想のワードローブ」がない

 

事あるごとにエリサさん(id:erisalife)の著書トランクひとつのモノで暮らすにある「暮らしをシンプルにする20の方法」を確認しています。

その中のひとつである、理想のワードローブリストを作るという項目を読んでから気づきました。

 

私には、理想のワードローブがないということに。

ハンガー

 

今までは、上下ともに天然繊維100%でゆったりとしていればそれで良かった

あえて言うなら、色の組み合わせを少し気にしていたくらいでした。

 

骨格診断パーソナルカラー診断の結果が出て強く思っていたのは、自分に似合いさらには個人的な条件に合う服を探すということ。

「こんな感じがいいな」とか「(今持っている服と)こういう風に組み合わせてみたいな」といった理想を一切持っていないことに、ようやく気づいたのです。

 

まずは理想のワードローブリストを作る

 

春夏に着る服がなかなか決まらない理由は、理想がないから。

そう気づけたので、まずはエリサさんの「暮らしをシンプルにする20の方法」にしたがって、理想のワードローブリストを作ることにしました。

 

家にひとりでいるときに、無の状態で作ってみます。

理想があれば、きっと以前よりも洋服を探しやすくなりますよね。