こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

自分で作った料理がびっくりするほど不味かった!思い当たる原因3つは今回の反省点として今後に活かします。



スポンサーリンク



 

 

先日、自分で作った料理を食べたところびっくりするくらい不味い!という経験をしました。

 

ツイートにもある通り、不味くて食べられないという経験は初めてでした・・・

 

思い当たる原因が3つ

 

作った料理は豚肉ときゅうりの生姜炒め

豚 イラスト

 

びっくりするくらい不味かったとして思い当たる原因は3つあります。

 

1.豚肉に重曹をふりかけた

 

急に、豚肉の下ごしらえとして重曹をかけようと思い実行しました。

もちろん、食品グレードの重曹です。

 

パパパッとふりかけてそのままフライパンで焼いたのですが、この行為が良くなかったと今になって思います。

 

重曹を使って肉の下ごしらえをすると味が落ちるという意見もあるため真偽のほどはわかりませんが、重曹水にして豚肉を漬けておくのがどうやらよかった様子。

 

慣れないことをやるもんじゃありませんね(冷汗)

せめて調べてからやるべきでした・・・

 

2.生姜魂のかけすぎ

 

4月の楽天お買い物マラソンで購入した粉末タイプの生姜、生姜魂をかけすぎたということも考えられます。

 

そもそも、粉末タイプの生姜を使って生姜炒めを作ったことがありませんでした

そしてこれまた調べもせずに雰囲気だけで生姜魂を豚肉にまんべんなくかけたのです。

 

生姜魂は基本的にかけすぎ注意で、かけすぎるととてつもなく辛く感じます。

気づかないうちに、かけすぎていたのかもしれません。

 

粉末タイプの生姜を使った生姜炒め、リベンジで作るときはこちらを参考にします。

粉末ショウガで作るまかないの豚肉生姜焼き by 火水流整体術院 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが266万品

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

3.炒めている間にきゅうりが溶けた

 

豚肉は赤い部分がなくなるまで炒めますが、このときはなかなか赤い部分がなくなりませんでした。

炒め続けていたら、きゅうりが溶けてしまいました・・・

 

溶けたきゅうりを食べたことがないのでどんな味だったか覚えていませんが、「きゅうり 溶ける」で調べると「きゅうりが腐って溶けた」という内容があるのであまり美味しくないのかもしれないですね・・・

 

味の上書きを試みる

 

びっくりするくらい不味かった原因として思い当たることを3つ書いてみましたが、実際にどの項目が直接の理由になっているかはわかりませんし、もしかしたら他に理由があるのかもしれません。

そんな豚肉ときゅうりの生姜炒めはひと口食べた瞬間「うわっ!マズっ!」と思いました。

 

もう少し詳しくお話できればいいのですが、的確な表現方法が思い当たりません・・・

とにかく「うわっ!なんじゃこれ!マズっ!」という感じです。

その場でペッと吐き出したいくらいでしたが、今後の参考にと?口に入れた分は必死で噛んで飲み込みました。

 

あまりの不味さに食べ続けることを諦めた上に口の中にイヤ〜な感覚が残ってしまったので、この2種類でお口直しをすることに。

ハーゲンダッツ お酒

 

いいちこシルエット緑茶割りとハーゲンダッツバニラ味です。

 

お酒とアイスクリームで味の上書きを試みましたが即効性はなく、結局口からあのイヤ〜な感覚がなくなったのは食後数時間経ってからでした。

即効性はなかったにせよ、気持ち的には好きなお酒と好きなアイスクリームを食べて少しは安心できたような気がします。

 

反省して今後に活かします

 

不味かった理由として考えられる3つの項目は、いわば今回の反省点 。

1.お肉の下ごしらえで重曹を使わない

2.生姜魂を使って生姜炒めを作るときは分量をきちんと確認する

3.きゅうりは炒めすぎない

 

この反省を次回以降に活かしていきたいと思っております。

 

それにしても・・・

ホ~ント、不味かったなぁっ!(笑)