読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

通信費を見直した結果、ドコモはデータ通信の契約をやめて通話専用にしました。

ミニマリストへの道 ミニマリストへの道-お金・節約

スポンサーリンク

 

 

お給料は全額お小遣いとしていますが貯金ができていません。

【お小遣い】2016年の支出額を概算で出してみて気づけたことは、このままだと貯金ができないということ。 - こころ躍る

 

まず見直すべきは固定費だ、と思いチェックをしてみて目を付けたのは通信費

J:COM NETとドコモへ、合わせて毎月¥10,300支払っています。

そのうちドコモへの支払が約¥7,000。

通話も通信も頻繁にしない割には高いなと思い、この料金を見直しの対象としました。

 

(本文が長いため、目次をつけております) 

これまでの料金

現在iPhone5sを利用中です。

12/1付で契約内容が変更になったので、11月利用分までドコモに支払っていた料金は以下になります。

 

タイプXi にねん ¥743 / 月(現在は新規契約を終了しています)

Xiパケ・ホーダイ for iPhone ¥5,200 / 月(現在は新規契約を終了しています)

SPモード ¥300 / 月

ユニバーサルサービス料 ¥3 / 月

eビリング割引料 -¥20

 

合計:¥6,226(税抜)

 

iPhone5sを購入してから2年10ヶ月、1度もプランを変更したことはありません。

ここ半年は通話料が無料になる母と妹としか電話をしていないため、毎月の支払金額は税込で¥6,724でした。

 

使用状況を確認

料金を見直す前に、使用状況を確認しました。

電話

電話をする相手は、ファミリー割引を組んでいる母と妹2人の計3人がほとんど。

夫とはメールがメインなので電話のやりとりはなし。

友人、お店、病院にかける場合はLINEを利用。

 

LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

 

メール

ドコモのメールアドレスを使ってメールをする相手は母、夫、職場の先輩の3人だけ。

夫とはほぼ毎日やりとりをするが、母と先輩は月に1回程度。

 

インターネット

週2日の仕事の日は通勤電車内と職場でインターネットを利用。

たまに出かけるときもある。

1ヶ月平均で1.7GB使っている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

実は苦痛を感じていた

2年以上使っていて今さらですが、実はiPhone5sでインターネットをすることがずっと苦痛でした

4.0インチだと私にとっては画面が小さすぎるのです。

他にも理由はありますがそれはまた別の機会でお話することとして、このたびiPad air2を購入しiPad air2でインターネットをすることにしました。

そのため、iPhone5sでインターネットをすることはほぼなくなります。

 

料金プランを151で相談

使用状況を確認し、今後の使いかたを熟考した結果・・・

基本料金はそのままで、 メール機能を残したまま毎月の支払を安くしたい

という結論に至りました。

 

どういうプランがあるのかドコモのサイトを見てもさっぱりわからない(笑)

駅周辺にあるドコモショップはいつも混雑しているので、ドコモユーザーは通話料無料の151に電話をして、料金プランの相談をすることにしました。

 

少しでも安くなると提案されたプラン

「メール機能は残したいけど外で通信はしないから定額料金をやめてSPモードだけの契約にしたい」と話したら、電話口のお姉さんから「持ち歩く場合よっぽど注意していないと高額な料金を支払うことになる」と言われました。

 

そ れ は 困 る !

 

「今よりもう少し料金が安くなるプランはありますか?」と聞いてみたところ、下記のプランを提案されました。

 

カケホーダイプラン ¥2,700 / 月

データSパック ¥3,500 / 月

ずっとドコモ割 -¥600 / 月(継続15年以上)

SPモード ¥300 / 月

ユニバーサルサービス料 ¥3 / 月

eビリング割引料 -¥20

 

合計:¥5,883(税抜)

 

毎月そんなに使わない人用に、2GBのデータSパックがあるとのこと。

ただし、データSパックはカケホーダイプランとしか組み合わせることができません。

 

通話料無料の母や妹としか電話をしないのにカケホーダイプランにする必要がどこにあるでしょう?(笑)

 

仮にこのプランに変更したとしても月々安くなる金額はたったの¥343(税抜)。

¥343じゃコメダでコーヒー飲めません!

コメダ コーヒー

(注:写真はたっぷりブレンドコーヒーというLサイズのコーヒーです)

 

だったらいっそのことデータ通信の契約ごとやめてしまおう!

 

そう決意しました。

 

データ通信の契約をやめることによるデメリット

データ通信の契約をやめることによるデメリットは、格安SIMへMNPする場合と同じくドコモのメールアドレスが使えなくなることです。

~@docomo.ne.jpというアドレスですね。

 

ドコモのメールアドレスは残したかったですが、その場合今までより¥300程度しか料金が安くなりません。

電話をしないのにカケホーダイプランにしなくちゃいけないことも釈然としません。

 

先述のように私がドコモのメールアドレスを使ってやりとりをしているのは3人だけ。

メルマガの登録も一切していませんし、この3人にメールアドレスが変わるという連絡をすればいいだけのこと。

ほとんど料金が安くならないとわかった途端、すんなりとデータ通信の契約をやめると決めることができました。

 

12月からの料金

11月いっぱいでデータ通信に関するSPモードXiパケ・ホーダイ for iPhoneの契約をやめたので、12月利用分からドコモに支払う料金は下記の通りとなります。

 

タイプXi にねん ¥743 / 月

ユニバーサルサービス料 ¥3 / 月

eビリング割引料 -¥20

 

合計:¥726(税抜)

 

約88.4%コストダウンしました!

(あくまでもドコモに支払う料金が、です)

 

料金の見通し

購入したiPad air2は格安SIMを利用し、その料金は毎月¥1,000程度。

ドコモに支払う代金と合わせても税込で¥2,000に抑えられ、通信費全体ではこれまでよりも約47%のコストダウンになります。

(モバイルデータ通信だけで言えば約72%です)

毎月の支払は約¥5,000安くなり、差額から計算するとiPad air2の本体やアクセサリにかかった代金、そして格安SIMの初期手数料は2年以内で回収できます。

 

毎月¥5,000のコストダウンは扶養の範囲内で働く人にとってはとても大きいですよね!

もっと早く実行していれば良かったなと後悔しています。

 

まとめ

今回通信費のうちドコモに支払っている料金を見直しました。

 

[ドコモで通話とデータ通信]

から

[ドコモは通話、データ通信は格安SIM]

と分け、毎月の支払はこれまでより約¥5,000安くなる予定です。

 

実際の支払金額が変わるのは年を越してから。

明細を見るのが今から楽しみです♪