全日本フィギュアスケート選手権 女子シングルショートプログラム終了。オリンピックの切符のゆくえは?



スポンサーリンク






本日より、全日本フィギュアスケート選手権が始まりました。

この大会の結果により2ヶ月後に開催される平昌オリンピックの代表が決まります。

初日の今日はペアと女子シングルのショートプログラムが行われました。

ペアは個別での出場枠がないため、女子シングルのみ結果をお伝えし、オリンピックの切符のゆくえを占います。

女子ショートプログラム結果

本日行われた女子ショートプログラム、入賞圏内といわれる8位までの結果はこちら。

(敬称略)

1位:坂本花織 73.59点

2位:宮原知子 73.23点

3位:本郷理華 70.48点

4位:樋口新葉 68.93点

5位:紀平梨花 66.74点

6位:本田真凛 66.65点

7位:三原舞依 64.27点

8位:白岩優奈 63.33点

今シーズンにシニアデビューした坂本花織選手がほぼノーミスの演技で自己ベスト(国内のみ)の得点を出しました。

完璧に見えた演技でしたがジャンプで回転不足を取られたこの大会3連覇中の宮原知子選手が2位。

世界選手権出場経験があり、今シーズンからコーチが変わった本郷理華選手が3位につけました。

冒頭のアクセルジャンプにミスがあり無得点となってしまった樋口新葉選手が4位。

トリプルアクセルを決めたジュニア選手の紀平梨花選手は、後半のジャンプが無得点になった影響もあり5位に。

以下、本田真凛選手、三原舞依選手、白岩優奈選手と今シーズンのグランプリシリーズに出場した選手たちが名を連ねています。

スポンサーリンク

フリープログラム、そしてオリンピック代表選考展望

女子シングルのオリンピック出場枠は2つです。

正直、今日のショートプログラムが終わった段階ではまったくわかりません

この大会の優勝者は無条件でオリンピック代表に選ばれますが、7位の三原舞依選手までがトップとの点差10点なので誰が優勝するのかすらわからない状態です。

これまでの実力からしたら宮原知子選手が優勝の有力候補ではありますが、今日のようなジャンプをフリープログラムでも飛んでしまうと回転不足の積み重ねで思うように点が伸びない可能性もあります。

紀平梨花選手は年齢制限のためオリンピックの出場資格がないのですが、フリープログラムでは2本のトリプルアクセルを入れてくるため、これが成功すればかなりの高得点となり表彰台に上がる可能性も大いにあります。

本田真凛選手は、好不調の波が激しく不調なときはジャンプがことごとく決まらないのですが、もともと演技構成点は高い得点を出す選手なので、ジャンプがすべて決まると逆転で表彰台に上がる可能性はじゅうぶんにあります。

樋口新葉選手はグランプリファイナルから思うようにジャンプが飛べていない印象があるため、うまく修正してフリープログラムに挑めば、表彰台どころか優勝も狙えると思います。

何人かの選手を挙げましたが、すべてはフリープログラムの演技次第です。

これだけ僅差なので、上位8人の中でフリープログラムで実力を出しきった選手が表彰台に上がると思います。

さいごに

女子シングルのフリープログラムは明後日23日(土)に行われ、オリンピック代表は翌日24日(日)に発表されます。

まだ誰が代表になるのかショートプログラムを終えた時点では見当もつきませんが、実力を出した選手が順当に選ばれることをファンとしては強く願います。