読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

【iPad air2】共に購入したアクセサリはキーボードつきのカバーと保護フィルム!



スポンサーリンク



 

 

iPad air2購入シリーズ(勝手にシリーズ化)第3弾です。

 

第1弾は本体を購入したことと購入に至った理由を。

newfaceminimal.hateblo.jp

 

第2弾は格安SIMを使って通信するというお話を。

newfaceminimal.hateblo.jp

 

今回は、同時に購入したアクセサリを紹介します。

 

キーボードつきのカバー

まずはiPad air2を購入した記事で一瞬紹介したキーボードつきのカバーです。

iPad air2 キーボード カバー

 

購入したものはAnkerのキーボードつきカバー。

 

 

持ち運ぶことが前提であるため、キーボードとカバーが一体になっていることが絶対条件でした。

キーボードのタッチ感が気になりつつも実物を試すことができませんでしたが、レビューの評価が良かったことと、求めやすい価格だったことから購入を決めました。

 

7色のバックライトがウリのようですが、バックライトは基本OFF設定にしています(笑)

 

気になっていたキーボードのタッチ感は、見た目の薄さ以上に押しやすくていい感じです。

実際に電車の中で打っていても特に不快に感じることはありません。

その小ささから誤打をすることは何度もありますが(笑)

 

マグネットもなかなか強力で、少し傾けても外れることがありません。

見た目には「そんなに斜めにしていて大丈夫?」と心配されるくらい電車内では傾けていますが問題ないです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

保護フィルム

保護フィルムは、キーボードつきのカバーと同じくAnkerのものを購入しました。

 

ブルーライトカットの保護フィルムも購入候補に挙がりましたが、自宅にいるときはJINS SCREEN を主に使っているため気にする必要もないと思い通常のフィルムを選びました。

 

決め手はやはりレビューの評価の高さです。

 

フィルムを貼る際ですが、添付のイラストは英語表記のため読めなかったので、動画を見て真似をしながら貼ったらできました。

超絶不器用な私でもちゃんとできたので、動画は信用できると思われます(笑)

 

さいごに

今日はiPad air2のアクセサリを紹介しました!

 

キーボードつきのカバーと、保護フィルム。

どちらも私にとっては欠かせないものです♪

 

US配列(国内のパソコンはJIS配列)にまだ慣れていない感はありますが、使っていくうちに慣れるはず!

どんどん持ち運んで使いまくるぞ~!