読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

段取り公開。今週の常備菜「大根とにんじんの七味煮・春菊とひき肉のみそ炒め・小松菜と油揚げの煮びたし・鮭のポン酢しょうゆ炒め」

食-常備菜

スポンサーリンク

 

毎週日曜日に、常備菜を作っています。

今週は4品作りました!

常備菜 1115

左上:大根とにんじんの七味煮
右上:春菊とひき肉のみそ炒め
左下:小松菜と油揚げの煮びたし
右下:鮭のポン酢しょうゆ炒め

右上の春菊とひき肉のみそ炒め以外の3品は、持っている常備菜の本のレシピを参考にしました。

今回ももちろん、段取りを組んでから作りました♪
ではさっそくその作業工程を紹介します。

今回の工程


前回同様、野菜は事前に切ってある状態でスタートしています。
余談ですが段取りは3回組み直しました・・・

1.煮汁を作る


鍋に水250ml、だしの素、砂糖、しょうゆをいれひと煮立ちさせます。

2.春菊とひき肉のみそ炒めを作る


ひき肉を先に入れて、油が出てきたら春菊を入れてしんなりするまで炒めます。
しんなりしたらみそを回し入れて和えます。

⇒春菊とひき肉のみそ炒め 完成

使っているみそは、名古屋の人ならほとんどが知るみそ加工品です。
私は献立いろいろみそ派です。


先に関東でピックアップされたのはこちらのつけてみそかけてみそ。

ナカモ  つけてみそかけてみそ 400g

ナカモ  つけてみそかけてみそ 400g
価格:324円(税込、送料別)

近所のスーパーでは、献立いろいろみそのみ見かけるので、献立いろいろみそ派の私にとってはありがたいことです。

・・・おっと!話がそれてしまいました(笑)
段取りの紹介に戻ります。

3.1.の鍋に野菜と七味唐辛子を入れる


1.の鍋に大根、にんじん、魚肉ソーセージ、七味唐辛子を入れ、煮汁が少なくなるまで炒り煮にします。

4.鮭と野菜を焼く


フライパンで鮭を焼きます。
焼き色がついたら裏返して端に寄せ、フライパンの半面で野菜(今回はもやしとしめじを使用)を炒めます。
鮭の裏面にも焼き色がついたら、ほぐしながら野菜と混ぜます。

5.4.に味付けをする


4.がいい具合に混ざったら、ポン酢しょうゆを入れてなじませます。

⇒鮭のポン酢しょうゆ炒め 完成

我が家では味ぽんマイルドを愛用中。

6.小松菜の茎と油揚げを炒める


鍋で小松菜の茎と油揚げを炒めます。

7.炒めた6.に調味料を入れ、煮立ったら仕上げる


6.に水200ml、だしの素、みりん、しょうゆを入れます。
煮立ったら小松菜の葉としめじを入れ、さっと煮ます。

⇒小松菜と油揚げの煮びたし 完成

8.3.を仕上げる


3.の煮汁が少なくなったら、火を止める

⇒大根とにんじんの七味煮 完成

所要時間は29分でした。

急遽工程を変更!


当初の段取りでは4.の段階で6.の小松菜を炒め、煮びたしと鮭のポン酢しょうゆ炒めを同時進行で作る予定でした。
しかし、3.の煮汁が減るのが予想より遅く時間がかかりそうだったので、急遽工程を入れ替えて先に鮭のポン酢しょうゆ炒めを作ることにしました。

結果として、七味煮ができあがるまでに3品作っていたことになりますね・・・
煮物は時間がかかるということをきちんと頭に入れて、段取りを組まないといけないなと思いました。


常備菜を作るたびに何かしら気付くことがあり、それが次につながっていく。
このいい流れを持続しながら、楽しく常備菜作りをしていきたいです♪



これまでの常備菜