こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

【段取り公開】今週の常備菜「小松菜とえのきのごまあえ・鶏肉としらたきのチャプチェ風・野菜ときのこのケチャップ炒め」



スポンサーリンク



 

毎週日曜日に、常備菜を作っています。

今週は3品作りました!
常備菜 えのき チャプチェ

・小松菜とえのきのごまあえ
・鶏肉としらたきのチャプチェ風
・野菜ときのこのケチャップ炒め

いつも通り、持っている常備菜の本のレシピを参考にしています。

それでは、恒例の作業工程の紹介です!

今回の工程


今回も野菜は先にカットしている状態でスタートしています。

1.時間がかかるものの準備をする


スライスにんにくを水で戻す(10分)
お湯をわかす(電気ポットの上限800ml)

何ら難しくない作業です(笑)

2.鶏肉の下準備をする


鶏肉をみりんとしょうゆでもみこみます。

菜箸で混ぜたから「もみこむ」とは言えないかもしれません・・・

3.しらたきの下準備をする


しらたきの水気を切り、食べやすい大きさに切ります。

まな板と包丁を出したくなかったので、はさみで切りました(笑)

4.えのきを茹でる


お湯が沸いたら、えのきを茹でます。
しんなりするまで茹でたら、取り出して水気を切ります。

お湯はこのあとも使うので、捨てません。

5.ソースの準備をする


えのきを茹でている間に、ケチャップ炒めのソースを作ります。
ケチャップ、酒、しょうゆ、さとう、酢、片栗粉、水を混ぜ合わせます。

6.小松菜を茹でる


えのきを茹でたお湯で、小松菜を茹でます。
さっと茹でたら、水気を切ります。

7.野菜ときのこを炒める


フライパンにごま油をひき、しょうがとにんにくを入れ、香り立ったら野菜ときのこを入れます。

今回はほうれん草、しめじ、エリンギ、にんじん、たまねぎを使いました。

8.しらたきを炒める


別のフライパンにごま油をひき、にんにくを入れ、香り立ったらしらたきを入れます。
チリチリと音が聞こえるまで、水気をとばしながら炒めます。

2つを交互に炒めるのは大変でした・・・

9.ケチャップ炒めを仕上げる


7.のフライパンに5.で作ったソースを入れ、とろみがつくまで混ぜます。

ソースはフライパンに入れる前にもう1度混ぜるといいです。

⇒野菜ときのこのケチャップ炒め 完成

10.鶏肉と野菜を炒める


8.のしらたきの水気がとんだら、2.の鶏肉と野菜を入れて炒めます。

野菜はピーマンとたまねぎを使いました。

11.調味料を入れる


10.のフライパンに、すりごま、さとう、しょうゆ、がらスープの素、水を入れて、汁気がなくなるまで炒めます。

本来ならここで鶏肉としらたきのチャプチェ風が完成するのですが、調味料を入れささっと混ぜたあと放置(笑)して、ごまあえの仕上げを先にしました。

12.ごまあえを仕上げる


ボウルにすりごま、さとう、しょうゆ、みそを入れて混ぜたら、4.のえのきと6.の小松菜を入れて混ぜます。

⇒小松菜とえのきのごまあえ 完成

13.チャプチェ風を仕上げる


ただひたすら(笑)11.を汁気がなくなるまで炒めます。

これが結構時間かかりました・・・

⇒鶏肉としらたきのチャプチェ風 完成

所要時間は42分でした。
今回は1品ずつ仕上げていった感じなので以前よりも時間がかかってしまいました・・・

悔しい気持ちもありますが、私の調理レベルではこれが精いっぱいなのでしょうがないと思うことにします(笑)



これまでの常備菜


newfaceminimal.hateblo.jp