読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

予定の変更で落ち込んだときは、プラス思考で上書きしてしまおう!

ミニマリストへの道 ミニマリストへの道-考え方

スポンサーリンク

 

現在、歯列矯正をしています。

【参照記事】用途は切るだけでも、その便利さからなくてはならないアイテムになったキッチンばさみ - こころ躍る

歯 イラスト

 

先日、リテーナー(矯正装置を外したあと歯が戻らないようにする器具)の型取りをしました。

 

いよいよ矯正装置が外れるという嬉しい日を迎えます。

 

その日は私が当初望んでいた日よりも後になってしまい最初は落ち込みましたが、考え方を少し変えただけでとても待ち遠しい日になりました。

 

望んでいた日程

1ヶ月ほど前に矯正歯科の先生から聞いていたのは

次のときにリテーナーの型を取って、1週間後ぐらいに装置を外す

でした。

 

来週末に人前で演奏をする予定があるので、それまでには装置が外れる。

良かった~!

と思っていました。

 

実際に指定された日は・・・

しかし、先日型取りをしてから次の予約を入れる際に指定された日はその人前で演奏する日よりも後ろの日程でした。

いつも最短で予約が入れられる日を教えてくれるところなので、指定がその日ということは、それまでの日は予約でいっぱいということ。

 

いよいよ装置が外れるから嬉しい、と受付のお姉さんに口では言っていたものの(もちろん、嬉しいことですが)

人前で演奏する日は、矯正装置をつけたままなのか・・・

と、心の中では落ち込んでいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1度落ちこんだあとに気づいたこと2つ

人前で演奏する日までに矯正装置は外れる。

そう思い込んでいたから、矯正装置を外す日が人前で演奏する日よりも後ろの日程に決まったときに落ち込むというマイナスの思考が働きました。

 

ただ、帰りの電車内でふと思ったのです。

演奏中にわざわざ私の歯を見る人なんていないじゃないか!と。

見られるとするならば演奏をしている手元。 

歯を気にする必要など全くないということに気づきました。

 

 

もうひとつ思ったことは、

ボージョレ・ヌーボーの解禁日より前で良かった!

ということです。

 

 

白やロゼもありますが、やはりボージョレ・ヌーボーといえば赤!

※個人の意見です

 

矯正中はカレーや赤ワインといった着色が強いものを口にすることを避ける(ダメではないですが見た目があまりよろしくなくなります)ようになります。

しかし、装置が外れれば赤ワインも飲み放題!

 

矯正装置を外す日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日より数日前。

解禁日当日に赤のボージョレ・ヌーボーが飲める!

 

この事実に気づいたときは本当に嬉しかったです!

(どれだけお酒好きなんだホントに)

 

マイナスをプラスで上書き

当初の予定が変わることなんて、しょっちゅうではないにしろ珍しくはないものです。

 

1度はマイナス思考に傾いたとしても、変わったことによってプラスに考えられる何かがあるはず。

 

今回、矯正装置を外す日が望んでいた日程より遅くなってしまったことに1度は落ち込みましたが、そのおかげで(?)ボージョレ・ヌーボーの解禁日よりも前だという事実に気がつくことができました。

 

今はボージョレ・ヌーボーの解禁日に赤のボージョレ・ヌーボーを飲んで幸せな気分になっている自分を想像しながら(笑)矯正装置を外すその日を今か今かと待ちわびています。

 

また日程や予定の変更で1度は落ち込むことがあるかもしれません。

そのときは、1度落ち込んだあと何かプラスに考えられることがないかを探して、マイナス思考をプラス思考で上書きすることにします!