読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大相撲のお楽しみ企画「和装day」でレンタル・着装プランを利用したよ!



スポンサーリンク



 

現在開催中の大相撲9月場所。

2日目に国技館で観戦してきました。

newfaceminimal.hateblo.jp

この日は和装dayというイベントの該当日。

和装dayのご案内 - 日本相撲協会公式サイト

偶然ですが観戦する日が該当日にあたったので、せっかくだからと和装で観戦することにしました♪

 

大相撲和装dayとは

大相撲和装dayとは、

相撲観戦を和装で楽しむ、お得な一日!

和装で来場すると非売品グッズのプレゼントがもらえます!

手軽に参加できる、国技館で着物のレンタル&着装プランもございます!

日本相撲協会HPより抜粋

簡単にいうと

みんな、和装で観戦しようよ!ってことだと思います。

着物

 

プランは大きく分けて5つ

大相撲和装dayのプランは大きく分けて

  1. 正装着物 レンタル・着装
  2. 着物 レンタル・着装
  3. 着物 着装&クリーニング
  4. 浴衣 レンタル・着装
  5. 浴衣 着装&クリーニング

の5つとなっています。

レンタル・着装は着物もしくは浴衣のレンタルと着付けを、着装&クリーニングは着物もしくは浴衣を持ち込んで、着付けと着用後のクリーニングをしてもらうというプランです。

それぞれマス席・イス席の観戦チケットとセットになっているプランもあります。

私は浴衣のレンタル・着装プランを申し込みました。

お値段¥5,000(税込)です。

 

スポンサーリンク

 

 

申込から当日までの流れ

和装dayへの申込方法は、まずサイトの申込フォームに住所や名前、希望日と希望プラン、身長体重などを入力し送信します。

その後、和装day事務局から申込プランの料金入金案内のメールがきます。

メールに記載されている銀行口座に申込プランの料金を振り込んだら、和装day事務局宛に「振り込みましたメール」を送ります。

このとき、着付けの希望時間帯を指定します(今回は2時間単位で3枠ありました)。

和装day事務局側が入金を確認したら、「申込完了メール」が届きます。

このメールに、着付けの予約時間(今回は11:30でした)と場所の案内、持ち物が書かれているので確認します。

チケット付プランの場合は、1週間前までにチケットが登録した住所へ送られるそうです。

そして、当日予約時間に着付の場所へ向かう。

 

以上が和装day申込から当日までの流れです。

 

和装day当日の国技館

和装dayの着付会場は相撲教習所。

大相撲 国技館 和装day 相撲教習所

相撲教習所の中に入れる・・・!

それだけでテンションが上がっていたのはここだけの話(笑)

 

ちなみに相撲教習所は国技館の向正面側にある建物に入っています。

正面玄関から見ると正反対の位置にあり、国技館を半周分歩いて向かうことになります。

 

もしかしたら迷うかも?

と思う心配性な皆さん、安心してください!

至るところにこの案内が貼られていますからっ!

大相撲 国技館 和装day

奥の柱にもこの3枚が貼られているのが確認できますよね?

ですので初めて国技館に来た方でも心配いらないですよ♪

 

着物や浴衣の枚数に余裕があれば当日でも申し込むことができます。

ただし、料金は予約した場合より¥1,000アップするのでご注意を。

 

和装day限定トートバック

和装day実施日に和装で観戦すると、和装day限定のトートバックがもらえます!

各日先着400名です。なくなり次第終了です。

ご自宅で着付けてから(着付けができて羨ましい!)国技館へいらっしゃったミキコさんは、配布開始10分前からその列に並びに行っていました。

fuufu2.hatenablog.com

 

しかし!

レンタル着付けプランを申し込んだ人は並ばなくてもこのトートバックがもらえるのです。

というわけで、私は着付けが終わってすぐ(配布開始の2時間ほど前)にこのトートバックを手にしていました。

大相撲 国技館 和装day プレゼント トートバッグ

 

近所での買い物用に、ふなっしートートバックと交互に使うことにします~

ふなっしー 部屋

部屋のお気に入りスペース - こころ躍る

 

たまには和装もいいよね♪

普段和装をする機会が全くと言っていいほどないので、今回和装dayというイベントに便乗して浴衣姿で観戦することができてとても嬉しかったし楽しかったです!

 

個人的に嬉しかったのはバンザイって手をあげると袖がふわっと目線に入ることでした。

(・・・伝わっていますでしょうか?)

これは洋装ではなかなか味わえません。

貴重な体験をしました♪

 

ただでさえテンションが上がっているのに、浴衣を着ているということでさらにテンションがアップ!

まさにこころ躍りまくり状態(笑)

 

次はいつになるかわかりませんが、また和装をしたいと思いました!

今度は着物を着てみたいです♪