こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大相撲春場所の優勝争いを勝手に予想&展開の個人的な希望



スポンサーリンク



 

大相撲春場所は終盤に入り、残すところ4日となりました。

www.sumo.or.jp

3/23(水)11日目の取組終了時点での星勘定は

1敗:白鵬、稀勢の里、豪栄道
2敗:妙義龍
3敗:鶴竜、琴勇輝、勢、魁聖、逸ノ城

となっています。
昨日、1敗の白鵬が全勝の稀勢の里を破り、豪栄道を含めた3人が1敗で並びました。

優勝争いは2敗力士までなのか、それとも3敗力士までチャンスがあるのか・・・

それはズバリ!

本日の豪栄道-白鵬の結果次第だと思います。

白鵬が勝った場合


白鵬が勝った場合は、そのまま白鵬が優勝する可能性が高いです。

これまでも、終盤に優勝争いのトップに立ったらほぼその位置を譲ることはなかったからです。
そのまま稀勢の里と並走もしくは残り3日間で負けが増えたことにより優勝決定戦を行うことになった場合でも、慣れている白鵬のほうが有利。

ここ数場所は終盤でひとつ負けると気落ちして負け数が増えるというある種の衰えが垣間見えていますが、今日勝って単独であれ稀勢の里と並走であれ優勝争いのトップに立てば気持ちの面でも一気にノッてそのまま突っ走るような気がします。

優勝決定戦が行われる場合を想定しても、現時点で2敗の妙義龍までしかチャンスはないと考えます。

スポンサーリンク

 

 

豪栄道が勝った場合


豪栄道が勝った場合は混戦になり、現時点で3敗の力士にも優勝のチャンスが巡ってくると予想します。
(もちろん、3敗力士も勝ち続けることが条件になりますが)
前述のとおり、白鵬はここ数場所終盤にひとつ負けると気落ちして負け数が増える傾向があることが大きいです。
また、稀勢の里と豪栄道が直接対決を残しており*1、星のつぶし合いが行われることも理由に挙げられます。

大関といえど取りこぼすことがありますし、3敗力士がそう簡単に総崩れすることは考えにくいので、3敗まで優勝ラインが下がる可能性は高いとみています。

展開の超個人的希望


個人的には、今日豪栄道が勝って千秋楽まで誰が優勝するのかわからない戦況になってほしいです。

ファンとしては平幕力士も含めた優勝決定戦が観たいのです。
欲を言えば3人以上で!
1996年11月以来の5人での優勝決定戦が観られたらなお嬉しいです。

さぁ、今日の大一番、しっかりテレビで見届けましょう!

*1:過去の対戦成績は稀勢の里19勝、豪栄道12勝