こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大相撲夏場所は残り2日。観戦の見どころを3つ紹介!



スポンサーリンク



 

大相撲夏場所も残すところあと2日となりました。
ひよの山

www.sumo.or.jp

残り2日間、観戦の見どころとなるポイントを3つ紹介しますね。

幕内優勝争い

幕内の優勝争いは、横綱白鵬大関稀勢の里の2人に完全に絞られました。

力士プロフィール - 白鵬 翔 - 日本相撲協会公式サイト
力士プロフィール - 稀勢の里 寛 - 日本相撲協会公式サイト

13日目終了時点の星勘定は白鵬が13勝、稀勢の里が12勝1敗です。
直接対決は終わっています(13日目に対決し、白鵬が勝利)。

それぞれの残り2日間の対戦相手は

 14日目千秋楽(予想)
白鵬 日馬富士 鶴竜
稀勢の里 鶴竜 日馬富士

です。

千秋楽はまだ正式に発表されていないので予想としていますが、慣例では番付の上から順に当たっていくので、東の横綱である白鵬と西の横綱である鶴竜が対戦し、次の東の横綱日馬富士は番付で次にいる東の大関稀勢の里と対戦することになるはずです。
大相撲 番付
この番付の上からそれぞれが対戦。
3つめの豪栄道-琴奨菊までは間違いなく組まれます。

白鵬、稀勢の里ともに残る対戦相手は横綱の鶴竜と日馬富士。
優勝争いから脱落してしまった2人の横綱がどこまで白鵬と稀勢の里の優勝争いをおもしろくしてくれるかが注目ポイントです。

三賞のゆくえ

優勝の他にも、殊勲賞・敢闘賞・技能賞、総じて三賞のゆくえも気になるところです。

殊勲賞は優勝した力士や横綱から白星をあげた力士に、敢闘賞は奮闘精神あふれて場所を盛り上げた力士に、技能賞は優れた技能をみせた力士に贈られる賞です。

目安としてなのか、10勝以上をあげた力士が候補に挙がることが多いです。
(ちなみに、大前提として勝ち越し(8勝以上)していることが受賞最低条件です)

まだ残り2日間あるのでどうなるかわかりませんが・・・高安、御嶽海、遠藤あたりが白星を伸ばすと敢闘賞の候補に挙がるような気がします。

スポンサーリンク

 

十両優勝争い

幕内のひとつ下の階級、十両でも優勝争いは注目です。

13日目終了時点で、東十両3枚目の千代の国と東十両13枚目、新十両の佐藤が11勝2敗で優勝を争っています。

明日14日目にはこの2人の直接対決が組まれたため、星の差2つで追っている4敗力士(朝弁慶、宇良)の優勝の可能性はなくなりました。

怪我で三段目(十両の下が幕下、さらにその下の階級)まで番付を下げながらも惜しみない努力で十両上位まで戻ってきた千代の国と、新十両で勢いがある佐藤の対決は目が離せません!

余談ですが千代の国は間近で見るとめっちゃカッコいいです(笑)

他にも来場所の番付の予想をしながら取組を観る、千秋楽の三役揃い踏みなど見どころはありますが、まずは紹介した3つのことに注目してほしいです。

まとめ

大相撲夏場所、残り2日間の見どころは

  1. 幕内優勝争い。白鵬か?稀勢の里か?
  2. 三賞のゆくえ。10勝以上あげて候補に挙がる力士は何人いるのか。
  3. 十両優勝争い。千代の国か?佐藤か?

さあ残り2日、ドキドキワクワクしながら大相撲観戦しましょう!

関連トラコミュ

相撲(大相撲)