読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大相撲7月場所、幕内番付と注目力士の紹介とお知らせ



スポンサーリンク



 

7/10より、大相撲7月場所(通称:名古屋場所)が始まります!

力士 イラスト

5月場所(夏場所)のときと同じように、幕内番付の発表と注目力士の紹介をしますね。

 

7月場所 番付

幕内の7月場所番付はこのようになっています。

名古屋場所 番付

前回と説明が重複しますが、横綱と大関は先場所(今回は5月場所)の成績順に並んでいます。

関脇以下は、大きく番付が動いた関取と小幅に動いた関取に見事に分かれたなぁという印象です。

 

注目力士は・・・

今場所の注目力士筆頭は、角番大関の照ノ富士です。

力士プロフィール - 照ノ富士 春雄 - 日本相撲協会公式サイト

大関は、2場所連続して負け越す(負けの数が8以上)と翌場所は関脇に陥落してしまいます。

照ノ富士は先場所2勝13敗という成績で負け越したため、今場所8敗した時点で翌場所での関脇陥落が決定となってしまうのです。

ただ、8勝以上の成績で勝ち越せば大関にとどまることができます。

自身2度目の角番を脱出できるか?

大関照ノ富士の相撲に注目です。

 

スポンサーリンク

 

また、十両から幕内に上がってきた関取が6人いて、この6人の活躍にも大いに期待しています。

千代の国は怪我で三段目*1まで番付を下げるもはい上がり、ついに幕内に番付を戻してきました!

北磻磨は、初土俵から15年目にして新入幕を果たしました。小兵で怪我と戦いながら土俵を務め、満を持して幕内での相撲となります。

豊響、佐田の富士、輝は重みのある相撲で、荒鷲は技で魅せてくれる関取です。

 

残念なお知らせ

幕内最年長力士である安美錦(写真)と、平泉成のモノマネでおなじみ(笑)豊ノ島の2人が、初日から休場です。

安美錦

奇しくも2人とも左アキレス腱断裂という大怪我に見舞われました。

おそらく全休になり翌場所(9月場所)の十両陥落は免れないですが、2人とも怪我を治して土俵に戻ってくると表明しているので、帰りを待ちたいと思います!

 

早めに投票に行って、テレビで大相撲観戦

この日は選挙がありますね。

投票は午前中に済ませて、15時からテレビの前でスタンバイする予定です。

おそらく、片手に缶チューハイ(笑)

今場所も盛り上がることを期待していますよ関取の皆さん!

 

*1:幕内の下の下の下にある階級