読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

大相撲11月場所、後半の注目力士を紹介するよ!

好きなこと 好きなこと-大相撲

スポンサーリンク

 

 

福岡県で開催中の大相撲11月場所は本日中日(なかび)を迎えました。

www.sumo.or.jp

 

文字通り、全15日間の真ん中の日。

これから優勝争いに向けてどんどんおもしろくなっていきます。

 

場所前に注目力士は稀勢の里だと紹介しましたが、7日間の取組を観てさらに注目したい力士が2人出てきました。

 

遠藤

1人めは東前頭3枚目の遠藤。

力士プロフィール - 遠藤 聖大 - 日本相撲協会公式サイト

 

大相撲をよく知らなくても遠藤の名前は知っている、という方もいらっしゃると思います。

怪我の影響で1度十両に下がりましたが1場所で幕内に返り咲き、先場所は13勝2敗という素晴らしい成績で技能賞を獲得。

今場所はさらにその強さを見せつけ、この7日間すべて役力士(小結より上の番付)、しかも3横綱3大関との対戦でしたが4勝3敗と好成績を収めています。

4勝のうち1勝は横綱白鵬からもぎ取ったものですが(白鵬は6勝1敗)、このときは遠藤の一方的な相撲で白鵬は何もできなかったほど。

 

怪我を乗り越えて強くなったという印象の遠藤。

大関豪栄道を始めまだ役力士との取組は残っています。

勝っても負けても土俵を沸かせてくれることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

石浦

もう1人は、新入幕の石浦です。

力士プロフィール - 石浦 将勝 - 日本相撲協会公式サイト

 

緊張からか初日は負けましたが、2日目からなんと6連勝中。

 

小兵ながら現役時代の千代の富士を思わせる筋骨隆々な体で、大きな相手をも転がす強さを持っています。

 

ひょいと潜って下手を引いたらもう石浦の相撲です。

 

このまま好成績で突き進めば幕内上位もしくは役力士との対戦が組まれるはず。

さらに、憧れる舞の海さんが取った新入幕で三賞受賞という嬉しい記録も現実のものになります。

 

是非とも狙ってほしいです。

 

さいごに

7日間の取組をすべて観た中で、この先の土俵をさらにおもしろくしてくれるだろうと思った2人の力士を紹介しました。

力士 イラスト

 

残り8日間、2人の活躍に期待ですよ♪