こころ躍る

好きなことも苦手なことも楽しむ。

タクシーに忘れ物をしてしまった!領収書をもらっていたおかげで、スムーズに連絡することができました。



スポンサーリンク






 

 

最低でも月1回はタクシーに乗るこんつま(@goldblack_33)です。

タクシー イラスト

 

先日、初めてタクシーに忘れ物をしてしまいました・・・

 

忘れ物をすること自体めったにないので気づいたときにはあたふたしましたが、この経験によって改めて感じたことがありました。

 

反省がてら備忘録として、わたしのあたふたっぷりと、気づいたことを書き記そうと思います。

 

忘れてしまったもの紹介

 

忘れてしまったのはこちらの紙袋

紙袋 忘れ物

 

中には、この日に会っていた小豆さん(id:watasinokurasi)&ミキコさん(id:fuufu2)からいただいたお菓子とナカヤママリコさん主催のライブでもらったチケットとちらしが入っておりました。

忘れ物 いただいたお菓子

ココロサードプレイス ライブ

 

実はこの紙袋、出かける段階では持っておらず、お菓子をいただいたけれども入れる袋を持っていなかったわたしに小豆さんがくれたものでした。

 

タクシーに乗ってから、忘れ物に気づくまで

 

この日はお昼からずっと外出していました。

一緒にいた皆さんとお別れして最寄り駅に着いたときにはすでに自宅近くまでのバスが終わっており、タクシーに乗車。

 

お会計時にどうやって小銭を出そうかと考えている間に紙袋の存在がすっかり頭の中から抜けてしまったらしく、日傘のみを手にし紙袋をタクシーに置いたまま下車してしまいました。

 

自宅に着いたあと、すでに帰宅していた夫に「お菓子いただいたから明日一緒に食べよう」と言おうと思ったそのときです。

 

 

・・・紙袋、持ってないし!!!

 

 

あー忘れたぁぁぁぁ。

タクシーに忘れたぁぁぁ。

どうして降りるとき忘れ物がないか確認しなかったんだ?いつもはしているのにっ!

周りから「しっかりしている」と言われるこのわたしがタクシーに忘れ物をするなんて考えられない!イメージダウン!(←何それ)

 

など、少しばかりあたふたしてしまいました。

 

幸い「どこに忘れたかわからない」ではなく、「タクシーに忘れた」ということだけははっきりしていたので、翌日タクシー会社に問い合わせの電話をすると決めてこの日は寝ました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タクシー会社に問い合わせ

 

翌日。

 

領収書を見ながらタクシー会社に電話をしました。

 

わたし:忘れ物を調べてほしいんですけど

女の人:はい、どのようなものでございますか?

わたし:茶色い紙袋で、中にはちらしと白い袋が入っています

女の人:お調べしますので、少々お待ちください

 

こういう問い合わせの電話が初めてだったので細かく説明しないと、と思い詳しく言ったつもりだったのですが、

白い袋って・・・怪しすぎる!(笑)

 

自分で言っておきながら「おかしいでしょ」とすぐさま思って、笑いを堪えるのに必死でした(笑)

 

1分も待たないうちに女の人が電話口に戻ってきて、

女の人:はい、紙袋お預かりしております

 

という言葉を聞いたときはホッとしました。

 

良かった、あった!

 

名前と連絡先を伝えて、取りに行く旨伝えて、電話を切りました。

 

その後、タクシー会社で忘れ物を受け取り、ラーメンを食べて帰宅しました。

 

どうして忘れ物をしてしまったのか考えた

 

お酒もあまり飲んでおらずまったく酔っ払っていなかったし、慌ててタクシーを降りたわけでもないのに、まさかの忘れ物。

 

元々、ひとつのことに集中しすぎると別のことを忘れてしまうところがあるわたし。

小銭の出し方をどうしようか考えている間に、すっかり紙袋の存在を忘れてしまっていました。

加えて、紙袋は出かける際には持っていなかったことも忘れてしまった要因になっていると思います。

タクシーを降りるときに「ショルダーバッグと日傘を持って家を出たから、日傘を持って降りればだいじょうぶ」と思っていましたから。

 

自分のことを分析してちょっと言い訳っぽく言ってみましたが、結局は忘れ物をしたわたしがすべて悪いのです。

 

でも、いい経験になりました。

これで、この先タクシーを利用したときは最後必ず忘れ物がないか確認するようになります。

 

領収書はもらいましょう

 

今回忘れ物をしたことで改めて思ったことは、

領収書をもらっておいて良かった

ということです。

 

 

もし、わたしが普段から領収書をもらわない人だったら、今回のように「タクシーに忘れ物をした」と忘れた場所がわかっていても、どこのタクシー会社だったかわからず、もちろん連絡をすることもできず、お菓子を荷物を諦めざるをえなかったと思うのです。

 

領収書をもらっていたおかげで、その領収書に書かれた連絡先にスムーズに電話をかけることができたし、忘れてしまった荷物も受け取ることができました。

 

もちろん忘れ物などないことがいちばんですが、忘れ物をしてしまったときのために、タクシーを利用した際は領収書をもらうことを強くお勧めいたします。

何事もなく不要になったら捨てればいいだけですからね。

 

領収書、だいじ!

 

皆さんも忘れ物にはくれぐれもご注意ください。