「魚河岸 番屋」で熊本の郷土料理、朝獲れの新鮮なお刺身を堪能してきました!16時から飲めるという嬉しいポイントも。



スポンサーリンク






博多と熊本へ旅してきました!

博多・熊本への旅2018

旅初日の夜は、熊本で郷土料理を食べてきました。

訪れたお店と、食べたものを紹介します。

くまもとグルメBOOKでお店探し

くまもとグルメBOOKにひと通り目を通して、16時すぎの時点で開いているお店だったこと、早い時間は低価格で飲み放題をしている(ハッピーアワーは1時間500円!)ことから熊本市の中心部エリアにある「魚河岸 番屋」さんへ行くことが決定しました。

くまもとグルメBOOKは熊本国際観光コンベンション協会さんが発行しています。

大きないけすが特徴で、朝獲れの新鮮なお刺身が食べられる居酒屋さんです。

もちろん、熊本の郷土料理も楽しめます。


スポンサーリンク

「魚河岸 番屋」で食べたもの

では、「魚河岸 番屋」さんで食べたものをどどーん!と紹介します。

お通し

お通しはごぼうのサラダ。

ピリ辛でお酒が進みました。

お刺身4点盛り

お刺身は、表示されている中から好きな種類を選べました。

シマアジ、カンパチ、コノシロ、ブリ・・・だったはず。

お醤油が4種類もありどれを使えばいいかわからなかったので、店員さんに聞いたらお刺身には写真右の極(きわみ)がおススメだとのことで極で食べました。

朝に獲れたお魚だけあって、めっちゃ美味しかったです!

口の中でとろけました〜♡

くまもと前菜3皿セット

くまもと前菜3皿セットは、熊本の郷土料理を少しずつ楽しみたい人にぴったり!

左からタコステーキ(タコの旨煮)、特撰霜降り馬刺し、揚げたて辛子れんこん&ひともじのぐるぐる。

馬刺しは刺身醤油甘口でいただきました。

ひともじのぐるぐるって何?と思って調べてみたら、分葱(わけぎ)の料理だそうです。

酢味噌との相性が最高でした。お酒が進む味です♪

ちなみに「魚河岸 番屋」さんにはくまもと前菜6皿セットもあります。

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げは、ひとつひとつが大きくて一口では食べられないサイズでした!

タコ入りさつま揚げ

タコ入り、というだけあってタコをしっかりと感じることができたさつま揚げ。

そのまま食べても美味しいのですが、刺身醤油極(きわみ)につけて食べたらさらに美味しかったのでおススメです。

さいごに

熊本で郷土料理を堪能できるお店はたくさんありますが、そのほとんどは17時もしくは18時開店。

新幹線の時間があり17時開店だとお酒も料理もゆっくり楽しめないという状況だったので、16時から開いていた「魚河岸 番屋」さんには感謝です。

お料理はすべて美味しかった!特にお刺身!

熊本で獲れたてのお刺身が味わえるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。

また、くまもと前菜3皿セットにより馬刺し、辛子れんこん以外にひともじのぐるぐるという郷土料理があると知れたことも良かったです。

短い滞在時間でしたが、しっかりと熊本の郷土料理と新鮮なお刺身を堪能できました!

熊本にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。