旅をすると帰りは確実に荷物が増える。だから行きは荷物を極力少なくして出かけよう!



スポンサーリンク






2泊3日の日程で実家に帰省しました!

旅 イラスト

調味料や食材の調達があり帰りは荷物が増えるので、なるべく持ち物を少なくして出かけることにしました。

今回の帰省の持ち物を紹介します。

2泊3日の帰省、持ち物

こちらが、帰省時の持ち物です。

2泊3日旅行 荷物

トップス(替え1枚)

下着・靴下(替え1日分)

ハンドタオル(替え1枚)

コンタクトケア用品、眼鏡

サングラス

歯みがきセット

スウィートアーモンドオイル

BBクリーム

日焼け止め

あと写真には載っていないものでは

財布

iPhone

充電セット

が加わります。

2泊3日の割には少ないほうかなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

持ち物に関するあれこれ

帰省ということで必然的に実家が宿泊地となります。

パジャマがないだけでだいぶ荷物が軽くなりますし、実家で洗濯ができるので1日分の替えがあればじゅうぶん。

歯ブラシは歯列矯正中で外出先で使用するため持参しています。

化粧水は持っていきません。

乾燥を感じたら持参したスウィートアーモンドオイルを塗ります。

コンタクトケア用品は、ボトルごと持っていかずにミキコさんが紹介していた使いきりタイプのものにしようと考えていました。

旅の荷物を少なくする工夫4つ - 仲良し夫婦の家計簿

近所のコンビニでチェックしたところ、このケア用品はこすり洗いが必要なタイプでした。

その昔こすり洗いでレンズを破損した経験を持っているわたしにとってのコンタクトケア用品を選ぶ基準は「こすり洗いをしなくていいもの」。

残念ながら基準から外れてしまっているため、手持ちのものをボトルごと持っていくことにしました。

行きの荷物は極力少なく!

今回の帰省では、地元でしか買えない調味料や食材を調達しました。

帰りのバッグは行きの3倍近い重さになりました(笑)が、元々荷物が少ないため買い足したものは余裕で入り、手荷物が増えるという状態にはなっていません。

以前なら服をもう1着用意していたり、パジャマも持参していたので確実に買い足した分の手荷物が増えていたでしょう。

帰省だとしても旅は旅。

旅をすると行きより帰りのほうが確実に荷物が増えるものです。

行きの荷物を極力減らせば、帰りに多少荷物が増えても同じバッグに入れられるので手荷物が増えなくて済みます。

ここ最近はどれだけ少ない荷物で出かけられるかを常に考えています。

コンタクトケア用品のようにどうしてもそれじゃないとというもの以外はなるべく少ない荷物で出かけて、帰りに荷物が増えても「重くて辛い」と言うことがないという状態が理想です。